■スプリングエフェメラルを求めて 【撮影03/03/02】

春に先駆けて咲き、初夏には姿を消すスプリングエフェメラルの姿をご覧下さい。
丹波の人里近く、早春に競うスプリングエフェメラル。いずれもキンポウゲ科の植物です。キンポウゲ科は有
毒植物として知られています。
◎地元の方々が保護しています。盗掘などは以ての外です。また群生地は住居の庭先に近いこともあり、ご迷
惑にならないようにしましょう。
アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
陽が当たらないと、このような姿に
アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
陽が当たると暖かさを求めるように花を開きます
ユキワリイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
追手神社の境内に群れ咲いていました
キクザキイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
薄青い花姿は可憐です
セツブンソウ(キンポウゲ科セツブンソウ属)
斜面に宝石をばらまいたように群れていました
セリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)
少し変わった花姿です。根は胃腸薬になります

トップページに戻る

inserted by FC2 system